カードローン審査を通過するコツ

信用情報機関ではどんなことが分かるの?

主にカードローンなどの契約の際にその人物の適合の度合を確認するために審査というものを行います。実際に審査では個人信用情報というものを用いて審査を行うのですがその個人信用情報というものはどのように利用されているのか説明していきます。

個人信用情報をどこから入手しているのか

実際に金融機関は個人信用情報を信用情報機関という帰還から入手しています。
このような期間は私的に作られているものではなく公的な機関によって取り扱いされています。
主にそのような期間としてあげられるもので有名なものとしてCIC,JISSや全銀協などというものが存在します。

信用情報機関ではどのようなことがわかるのか

信用情報機関では金融機関を利用する人、した人の個人信用情報というものが実際に取り扱われています。ではその個人信用情報にはどのような情報があるのかということについて説明していきます。

個人情報

主に生年月日や性別、今の住居の住所、現在所属している会社などの情報が記述されています。細かい部分では今所属している会社の電話番号や公的資料の番号なども情報として保存されています。

契約に関する情報

もちろん、今回の契約に関する情報も含まれています。主にそのような情報には契約名や契約期間、支払い回数や契約終了予定日などが存在します。
それは、プロミスなどの消費者金融においても同様です。

今までの利用記録

個人信用情報には今までの契約内容や利用方法なども記述されています。主に本人識別のための情報と利用の記録が残っています。

契約に反した場合に起こる信用情報機関に残る記録

契約内にももちろん違反事項が存在します。実際にそのような事項に引っかかってしまった場合にも信用情報機関に影響を及ぼすことになります。ではどのように影響があるか説明していきます。
主に延滞や自己破産、任意整理や契約の破棄などを行うと実際に信用情報機関によって個人信用情報にその記録が記述されます。基本的にそのような記録は数年間単位で記録され続けます。長いものだと十年程度記録されてしまいこのような記録が残った個人信用情報のことを事故情報と呼びます。
このような事故情報になった場合には他の金融機関を利用する際の審査のときに不利な状況になってしまいます。

最後に

簡単に金融機関が主に審査で利用する信用情報機関について記述しましたがこのような機関には一度だけでなくその後の金融機関の利用に際してももちろん影響します。ですのでこれらのシステムを理解したうえで審査などに個人信用情報を利用してもらうようにしましょう。

PAGETOP
Copyright © 審査が不安な方にご紹介の厳選6社+ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.